ラゼック.net

乱視のラゼック

ラゼックは乱視も治します。

■レーシックもラゼックも眼の膜をいじる手術

レーシックは乱視を治します。近視、乱視を引き起こす原因の眼の膜を、レーシックはレーザーで調整する手術です。レーシックは異常のある膜を直接治療できるので、近視だけでなく乱視にも絶大な効果を発揮します。

レーシックが乱視に効果を持つ以上、ラゼックも乱視に効果を持ちます。レーシックとラゼックは眼の膜の表面のめくりかたが違うだけで、レーザーを使って膜の内部を焼いて視力を調整する発想と方法は一緒だからです。

■ラゼックとレーシック

近視も遠視も乱視も、すべて眼の表面をおおう角膜の異常によって生じます。その角膜の異常をレーザーによって焼いて調整する手術がレーシックでありラゼックです。

眼の表面をおおう角膜は全部で五層構造になっており、レーシックは五層構造の三層目へステンレス製のカンナを使って切り込み、三層目の断面を露出させます。その露出した断面にむかってレーザーを照射して焼き、近視、遠視、乱視の原因を取り除きます。

ラゼックは五層構造を持つ角膜の一層目をアルコールで柔らかくした後、むきます。近視、遠視、乱視の調整は三層目を焼いて実現できますので、ラゼックの場合は三層目を焼くために二層目のうえからレーザーを照射します。二層目もろとも三層目を焼くのです。

レーシックにしろ、ラゼックにしろ、眼の表面をおおう角膜のめくり方が違うだけで、乱視の原因を取り除くために三層目をレーザーで焼く発想は一緒です。

実際、ラゼックの治療を受けて近視と乱視が回復した実例は簡単に見つかります

■ラゼックを検討

レーシックが基本であり、ラゼックはレーシックを事情があって受けられない人の手術とも言えます。眼をおおう膜が薄かったり、格闘技で眼に打撃を受ける可能性がある人だったりと、特別な事情を抱えている人のための手術です。

しかし、基本的な発想はラゼックもレーシックも一緒で、どちらも近視、乱視の原因となる眼の膜の一部をレーザーで焼く治療のため、効果は実証されています。

ただ、ラゼックはレーシックが事情により受けられない人のための手術ですので、デメリットとして手術後の痛みが伴います。SBC新宿近視クリニックでラゼックの治療を受けたキックボクサーの石川直生さんは、手術から一日経過した頃に激痛がやってきて、それから二日間くらいは集中力ややる気を失ったと語っています。

デメリットはあります。しかし乱視も近視も確実に改善してくれるラゼックです。レーシックが受けられないと言う方も、諦めないで下さい。


↓ 「ラゼック」に定評のあるクリニックの人気ランキングはコチラ ↓

クリニック名 ラゼック料金 適応検査 クリニック所在地 詳細
品川近視クリニック 17.8万円〜
(両眼・税込)
無料 有楽町・札幌
名古屋・梅田
福岡
詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■品川近視クリニックは有楽町にクリニックを構える国内最大級の視力回復専門眼科です。
■札幌・名古屋・梅田・福岡にもクリニックがあり、東京以外でも手術を受けることができます。
■症例数は100万件以上と世界一の実績で、ほとんどの患者さんが満足しているとの評判です。
■ラゼックは両眼で17.8万円〜。保障は3年保障となっていて、検査費は無料となっています。
■遠方からでも安心してお越しいただけるように、最大1万円の遠方交通費補助制度があります。
■無料の検査は予約制です。ご興味の方、検討中の方はぜひ検査を受けてみましょう。

レーシック
>>>公式申し込みページへ進む

>> TOPページで人気ランキング(5位まで)もチェックしてみよう!


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2013 ラゼック.net All Rights Reserved.