ラゼック.net

ラゼック術後の経過

手術後の数日が最初の峠、次の峠は一週間。

■眼の表面をおおう膜(角膜)の新陳代謝がすすむ一週間が勝負

ラゼックは、五層構造をした眼の膜(角膜)の表皮、一層目をアルコールで柔らかくした後、ピンセットでめくり、露出した二層目ごと三層目にむかってレーザーを照射する手術です。レーザーで角膜の三層目(角膜実質層)を焼いた後、一層目の皮を患部に戻しフタをします。

五層ある角膜のうち、神経が通っている膜は一層目で、ラゼックはその一層目をアルコールで柔らかくしてピンセットでめくります。手術の後麻酔が切れると、激しい痛みと視力の不安定がきます。手術後に数日続くこの痛みが、最初の峠です。

五層ある角膜のうち神経が通っている膜は一層目だけと言いましたが、同時に新陳代謝が進み再生可能な膜も一層目です。再生は通常一週間位で完了するので、眼の膜が完全に生まれ変わるまでの一週間が、次の峠です。

手術後一週間を越えると、痛みも視力の不安定も落ち着きを見せ始め、回復に向かいます

■40代、男性の話

銀座近視クリニックでラゼックの手術を受けたと言う40代公務員の男性、手術当日はかなり目が痛く、それでも医師や看護士から、

  「絶対に眼に触ったり、こすったりしないように

と釘を刺されたそうです。ラゼックは眼の表面の皮をアルコールで柔らかくしてめくっていますから、手術後は眼がダメージを受け無防備な状態なのです。手術を受けた当日の夜は、

  「痛みのせいでまったく眠れなかった」

そうです。しかし、最初はあまり見えなかった視界が、

  「一週間位してみえるようになってきた」

と、公務員の男性は語ります。手術の後で装着した、眼球を保護するコンタクトレンズを一週間検診で外した時に、辛さのピークは越えたと感じたそうです。

■ラゼックに思い切って挑戦してみよう

レーシックを事情により受けられない人が受ける手術がラゼックと言っても過言ではありません。レーザーで焼くはずの眼の膜が薄すぎてレーシックを受けられないと言う人は、5人に1人の確率でいるそうです。レーシックが受けられないと検診で宣告されてショックを受け、手術に二の足を踏んだと言う話は多く見られます。ラゼックは手術の後が辛いと分かっているからです。しかし、銀座近視クリニックの青山先生も断言していますが、最終的にレーシックとラゼックは到達する地点が一緒で、どちらの治療法も見え方にかわりはありません。

辛い時間は最初の数日です。最初の峠を越えればその後は順次回復していきますので、思い切って挑戦してみましょう。


↓ 「ラゼック」に定評のあるクリニックの人気ランキングはコチラ ↓

クリニック名 ラゼック料金 適応検査 クリニック所在地 詳細
品川近視クリニック 17.8万円〜
(両眼・税込)
無料 有楽町・札幌
名古屋・梅田
福岡
詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■品川近視クリニックは有楽町にクリニックを構える国内最大級の視力回復専門眼科です。
■札幌・名古屋・梅田・福岡にもクリニックがあり、東京以外でも手術を受けることができます。
■症例数は100万件以上と世界一の実績で、ほとんどの患者さんが満足しているとの評判です。
■ラゼックは両眼で17.8万円〜。保障は3年保障となっていて、検査費は無料となっています。
■遠方からでも安心してお越しいただけるように、最大1万円の遠方交通費補助制度があります。
■無料の検査は予約制です。ご興味の方、検討中の方はぜひ検査を受けてみましょう。

レーシック
>>>公式申し込みページへ進む

>> TOPページで人気ランキング(5位まで)もチェックしてみよう!


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2013 ラゼック.net All Rights Reserved.