ラゼック.net

ラゼックのデメリット

手術後の眼の痛み

■眼の表面をめくるから

レーシックと違いラゼックは眼の表面をおおう膜の一層目をめくります。眼の膜は五層構造になっており、レーシックはステンレス製のカンナで三層目まで切り込むのですが、ラゼックはアルコールを眼の表面にたらして、柔らかくした一層目をめくります。

レーシックで切り込む三層目は痛みを感じないのですが、ラゼックで柔らかくしてめくる一層目は痛みを感じます。

眼の膜の一層目は新陳代謝をくりかえし自然に再生する力があり、一週間もすれば完全に新しく生まれ変わるのですが、完全に生まれ変わるまでの期間、ラゼックは痛みを感じます。この痛みがラゼックのレーシックに対するデメリットと言われています

■ラゼックの実例

40代の公務員男性の実例です。品川近視クリニックでラゼックの治療を受け0.1の視力が1.5まで回復した男性は、眼の膜が人よりも薄くレーシックの治療が受けられなかったので、医者との相談の末ラゼックを選択したそうです。

  「絶対に眼に触ったり、こすったりしないように」

と、手術後、医師や看護士に釘を刺されたと言うラゼック体験者ですが、

  「手術当日はかなり眼が痛かった」

と語ります。あまりの眼の痛みに、

  「当日の夜はまったく眠れなかった」

と、苦労を明かしています。眼がしみて開けづらく、コンタクトが眼の中で常にズレているような違和感を覚えたと言います。一週間くらいしてから見えるようになり、痛みも軽減してきたそうです。

■ラゼックは有効

ラゼックは麻酔の目薬をし、眼の膜を30秒アルコールに浸します。アルコールを洗い、皮をめくって露出した部分にレーザーを照射する手術です。

五層構造の一層目をめくり、二層目のうえから三層目めがけてレーザーをあてるので、二層目は消失します。眼の膜の二層眼がどんな役割を果たしているのか正確にはまだわかっていないと品川近視クリニックの検査員は語りますが、無くなっても問題はないと証言しています。

また、レーシックの手術と違い、手術翌日にクリアな視界が得られるわけでもなく、一週間くらいは痛みが続きます。しかし、銀座近視クリニックの青山眼科医も、最終的に到達する見え方はラゼックもレーシックも一緒だと断言しています。

膜の二層目が消失したり、痛みが残ったりするなどデメリットがあるラゼックです。レーシックの手術が受けられないほど眼の膜が薄い人、格闘技の選手など眼の打撃が予想される人など、ある意味特殊なケースで選択される手術方法がラゼックですが、最終的な視力回復は数多くの成功例で実証されています。 特別な事情がある方は、検討してみて下さい。


↓ 「ラゼック」に定評のあるクリニックの人気ランキングはコチラ ↓

クリニック名 ラゼック料金 適応検査 クリニック所在地 詳細
品川近視クリニック 17.8万円〜
(両眼・税込)
無料 有楽町・札幌
名古屋・梅田
福岡
詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■品川近視クリニックは有楽町にクリニックを構える国内最大級の視力回復専門眼科です。
■札幌・名古屋・梅田・福岡にもクリニックがあり、東京以外でも手術を受けることができます。
■症例数は100万件以上と世界一の実績で、ほとんどの患者さんが満足しているとの評判です。
■ラゼックは両眼で17.8万円〜。保障は3年保障となっていて、検査費は無料となっています。
■遠方からでも安心してお越しいただけるように、最大1万円の遠方交通費補助制度があります。
■無料の検査は予約制です。ご興味の方、検討中の方はぜひ検査を受けてみましょう。

レーシック
>>>公式申し込みページへ進む

>> TOPページで人気ランキング(5位まで)もチェックしてみよう!


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2013 ラゼック.net All Rights Reserved.