ラゼック.net

手術後は保護用コンタクトを装用

必ず、着用して下さい。

■眼の表面が新陳代謝で回復するまでの一週間はコンタクトが膜

ラゼックはレーシックと異なり、眼の表面をおおう膜の皮をめくります。眼の膜は全部で五層構造になっており、レーシックは三層目に直接切り込んで、その断面にレーザーを照射するのですが、ラゼックは膜の一層目をアルコールで柔らかくし、ピンセットのような器具で一層目だけをめくります。

レーシックはレーザーを照射した後、その患部をふさぐために、切開してめくった膜を戻してフタをします。ラゼックはレーザーを照射した後、柔らかくした一層目の皮を戻しますが、アルコールにより負担がかかっており、皮自体にすでに強度がありません。一層目の皮は新陳代謝により自然と生まれ変わるのですが、皮が再生するまでの一週間、眼を保護するためにコンタクトレンズを装着します

レーシックは手術の後に保護用の眼鏡をつけるだけですので、違いの一つです。

■ラゼック体験者の話

40代男性の公務員Oさんは実際に、品川近視クリニックでラゼックの手術後

  「コンタクトレンズを装着された」

と、言います。装着後は自分で取り外す必要はなく、手術から三日経った後の検診や、一週間後の診察時に眼科医が付け替え、あるいは取り外しをしてくれたそうです。

  「コンタクトを外すと同時に眼の表面がはがれてしまうのでは?」

と不安に思ったOさんは眼科医に質問したそうですが、

  「問題ない」

と回答をもらったと語っています。実際に手術後一週間してコンタクトレンズを外しても、すでに眼の表面が新陳代謝により回復していたらしく、平気だったそうです。

■コンタクトは自分で外さない

ラゼックの手術後は激痛が走り、仕事も3、4日休養をとるように眼科医からすすめられます。その間、保護用のコンタクトに手を出す必要はありません。眼の表面を保護する膜の一層目が消失していると考えても過言ではないので、保護用コンタクトレンズが外界からの刺激物をガードしてくれているのです。

また、保護用のコンタクトを眼科医に外してもらうまでは、点眼の使用を怠ったり、紫外線を浴びすぎたりすると眼の膜に濁りが生じる危険性があります。外出する場合には、保護用のコンタクトレンズを着用した状態でさらに、サングラスを使用してください。

保護用コンタクトは眼の膜の皮が再生するために大切ですし、一方で目薬、サングラスなどのケアも大事です。レーシックと比べて面倒な点が多いですが、少しの辛抱でレーシックと同じ視力の回復がやってきます。

頑張りましょう。


↓ 「ラゼック」に定評のあるクリニックの人気ランキングはコチラ ↓

クリニック名 ラゼック料金 適応検査 クリニック所在地 詳細
品川近視クリニック 17.8万円〜
(両眼・税込)
無料 有楽町・札幌
名古屋・梅田
福岡
詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■品川近視クリニックは有楽町にクリニックを構える国内最大級の視力回復専門眼科です。
■札幌・名古屋・梅田・福岡にもクリニックがあり、東京以外でも手術を受けることができます。
■症例数は100万件以上と世界一の実績で、ほとんどの患者さんが満足しているとの評判です。
■ラゼックは両眼で17.8万円〜。保障は3年保障となっていて、検査費は無料となっています。
■遠方からでも安心してお越しいただけるように、最大1万円の遠方交通費補助制度があります。
■無料の検査は予約制です。ご興味の方、検討中の方はぜひ検査を受けてみましょう。

レーシック
>>>公式申し込みページへ進む

>> TOPページで人気ランキング(5位まで)もチェックしてみよう!


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2013 ラゼック.net All Rights Reserved.